たゆたう水のようにのんびりと


by like_a_air
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

研修~

10月の6・7日で会社の研修がありました。
いやぁ、これが凄い凄い・・・



10月6日

午後1時:集合

延々と講師・社長・グループ長などの話を聞かされ。
オペレータなのに株式上場の話とか聞かされてもなぁ・・・(・'ω`・)
眠い眠い・・・。

午後6時:食事
お弁当配布されー・・・

って、食事時間45分・・・!?
移動するだけで10分くらいかかってるんですけど・・・!

ガツガツ食べて急いで別の棟へ移動。

午後6時45分:グループの話し合い開始

これからのグループについて
今後自分たちのグループはどんな感じの方針で動くかとか決めます。
翌日に発表とかあるので突貫で。


10月7日
午前2時:話し合い終了


ようやくグループの話し合い終了
シャワーを浴びてベッドに入る前に相部屋になった同期の友達と積もるお話、久しぶりに会ったのでちょこちょこと話します。

エアナ(以下エ):「さて、そろそろ寝よか~」
同期(以下同):「ん、そだね~」

~消灯~

30秒後

同:「クカー・・・」
エ:「はっや!もう寝たのか・・・!」
同:「クカー・・・」

明日も早いですからね、自分も急いで寝ないとです。
気分を落ち着かせるために息を整え、スースー・・・と。

同:「グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
エ:「Σ('ω`)」
エ:「えぇっ、これイビキ!?」
同:「グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

なんということか、この友人消灯からわずか30秒間で爆睡モードに入ります。
そしてこのイビキの凄いこと凄いこと
常人の寝息「スースー・・・(クークー・・・)」が夜の海辺の潮騒ならば
さしずめ彼のイビキは大荒れかはたまた津波か・・・。
まるで獣のうなり声のように8畳程度の部屋に響き渡ります。
いやぁ、これはないって・・・。
自分だって眠いんです。午前2時までグループの話し合いの場で討論を繰り広げていたんです。

それなのに

そ れ な の に

同:「グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

寝ようとしても

同:「グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」


寝ようとしても・・・

同:「グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」



ええええぃっ!
こんな状況で眠れるか!


こんな調子じゃ眠れません、えぇ、眠れません。
リフレッシュもかねてホテル内を散歩でもしようと部屋からでてみると直属の上司の先輩があるいておりました。

上司「眠れないんかね?」
エ:「いやー、同室の彼がイビキひどくって・・・;」
上:「あぁ~、あいつと同室なのか」
エ:「はぃ~、どうにも眠れなくって・・・」

上:「いや~、ダメだろう、寝るときあいつは隔離しておかないと」
エ:「えぇぇ・・・」

聞くところによるとその先輩、社員旅行にて二年連続で彼と同じ部屋になったそうで一年目にてイビキを知ることになり
二年目の今年は寝ることになった時点で彼を一人小部屋に閉じ込めて寝ていたそうな・・・w

そんな会話をしつつぶらぶらとふらつき午前4時
部屋に戻ってまたボンヤリとイビキに耐え・・・
午前4:30頃にようやく就寝
就寝というよりも半分意識が飛んだ形になりますが無事に眠れました・・・!




そして午前5時45分 起床orz
夢への船出は1時間程度で幕を下ろすのでした。

午前6時30分 朝食
ホテルご飯です。
ブッフェ(食べ放題)です。
仮にもプリンスホテルのご飯だけになかなかGOOD
和洋入り混じったおいしい食べ物をがっつりといただいてきました。

午前8:30~午後4時
社長・グループ長・講師の方からまたお話。
睡眠不足+朝にがっつり食べたせいで恐ろしい睡魔との戦い。
物凄くウトウト・・・。

午後4時 解散
ようやく解散。
眠かった、とても眠かった。
終わりました、やっと終わりました。

ぶっちゃけ講義の内容なんて
まったく記憶にございません・・・!

ごめんなさい、でも眠かったんです・・・。

よい子のひびのん読者の皆様も相部屋のお供のイビキには気をつけましょうね☆


~~~おまけ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午前6時
エ:「うぅ、なんかもう君のイビキで全然眠れなかったんだけど・・・」
同:「だから言ったじゃないか~
  耳栓買わないでいいの?って」
エ:「悪いのこっちなの!?
[PR]
by like_a_air | 2007-10-08 00:58 | 日々のん