たゆたう水のようにのんびりと


by like_a_air
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

燃えて散って花火~

HANABI!



今日は近場で花火大会がありました。

いやぁ、いいですね花火。夏の風物詩です。
自宅から徒歩15分くらいの川でやるので見にいけるときは見に行っています。
去年は仕事とかぶってたので今年は見に行きました。


でも・・・


人混み嫌いなんですよね、基本(ぉぃ

えぇ、花火は好きですよ。
きれいですからね~。

でも嫌いなのは人混み。
歩くのに不便する混みようってのはいかがなものか・・・。


サクサク歩くのが好きなので数歩踏み出しては立ち止まるような混みようはフラストレーションたまってしまうのです。

そんなわけで例年花火を見に行くことを決定した場合ははじまる前からビニールシート片手に土手に赴き場所取りなんぞするわけです。
立ち見が嫌なんですね、混むから。
場所確保してあればそこだけは空いている場所確保できますし。


そんなわけで今年も行ってきましたよ、場所取り。


夜も明けない朝の3時半から

うすぼんやりとした暗がりの中土手を歩きちょうど良さそうな場所を探します。
歩いていて目に付くのは自分のほかにも場所取りをしている人。

やっぱりやる気のある人っていうのはいるもんですね、5畳くらいあるビニールシート広げて場所取りしてる人もいました。

自分は斜面の比較的緩やかなところに相方さんと二人分でごろ寝できるくらいの2畳分くらいの場所を確保('ω`)
無事に場所とれたのであとは夜を待つばかりです。

・・・・・・・・・・

時間はとんで夜。
紆余曲折を経て相方さんと合流し(そのへんのエピソードはいずれ)取ったシートのところまで移動すると・・・。

自分の敷いたシートの隅に腰掛けるおばちゃん二人組み。

・・・('ω`)?

・・・・・・(‐ωゞ)ゴシゴシ

・・・・・・・・・('ω`)

うん、見間違いじゃありません。
確かに存在する謎のおばちゃんs。

自分のシートだよな~と確認したところやっぱり目印のバッグと自分のお名前。

「あー、すいません。このシートって自分の取ったものだと思うんですけど~」

「あらあら、ごめんなさい、ちょっと座る場所なくてねー;」

「いえいえ、この辺は場所とらないと座れませんしねぇ」

「で、ごめんなさい、ちょっとお尻だけ置かせてもらってもいいかしら?」

現在おばちゃんが座っている部分シート上の20cm程度。
自分が足を伸ばしていても十分に余裕があります。

「まぁ、そのくらいならいいですけど。」

「おほほ、ありがとうね~」

そんなわけでシートに座り込む自分と相方、そして一部おばちゃんs。

そして始まるHANABI

ヒュルルルルルルル
c0080193_7161429.jpg

             ドーン!

うんうんいいですね、やっぱり花火っていうのはこうでなくちゃいけない。

ドーン
    ドーン
        ドーン
ズリッ


・・・ズリッ('ω`)?

ドーン
    ドーン
        ドーン
ズリッ

・・・('ω`)

ズリッズリッズリッ

・・・!Σ('ω`)

お ば ち ゃ ん が せ り あ が っ て き て い る 。

最初20cm程度だったおばちゃん達の使用領域。
気がつくと30cm程度まで広がってきています。

ズリッズリッズリッ

最初自分はこのおばちゃんを単なるシートの間借り人程度の認識しかしていませんでした。

しかしそれは誤まりだった・・・!

侵略者・・・。

やつらはこのシートの乗っ取りをもくろむインベーダーだ・・・!

侵略者・・・
c0080193_7494464.jpg



こんなのを想像する人もいるでしょう・・・
いや、違います。
やつらはそんな生易しいものじゃない・・・




c0080193_7503480.jpg


おばちゃん達の精神構造はきっとこんなのです。
とても一般人が太刀打ちできるような存在じゃありません。(スクウェアエニックス様ごめんなさい)

ス〇ールを・・・スコー〇を呼べ・・・!
この際サイ〇ァーでもいいから・・・!

そうしている間にもおばちゃんはずりずりとシートの使用面積を拡大してきます。
哀れな子羊は決死の策で足を伸ばします。
足があたれば「あら、ちょっと邪魔になっちゃったかしら?」くらいの認識はしてもらえるかもしれない・・・!

ギュム・・・!

足の上に乗っかってきたー!
まさか足の上に乗っかってくるとは・・・おばちゃん恐るべし・・・。

かくなるうえは・・・


カシャ

「あ、すいませ~ん。携帯落っことしちゃったんで取らせてもらっていいでしょうか~」

「あらあらごめんなさい、ちょっと邪魔だったかしら・・・」

押 し 戻 し 成 功

勝った・・・。
勝ちました・・・。

ははは、なんだ。意外に脆いじゃないか、おばちゃん!



・・・・・・むなしい・・・orz



まぁ、多少の虚しさを感じながらも花火はきれいでした。('ω`*)
c0080193_84011.jpgc0080193_8402820.jpgc0080193_8404171.jpg







c0080193_848279.jpgc0080193_84843100.jpgc0080193_852866.jpg
[PR]
by like_a_air | 2007-08-04 06:08 | 日々のん